歯科と金属アレルギー|大阪 高石市の歯医者 辻野歯科医院

歯科と金属アレルギー

歯科領域において金属アレルギーが問題視されるようになったのは、最近のことです。

その理由として、アレルギー疾患を受診するのがほぼ皮膚科であること、また、多くの皮膚科医や歯科医師が、お口の中の金属が、金属アレルギーの原因となるという事実を、十分に認識していなかったことなどがあげられます。

むし歯治療などで入れてもらった金属は24時間365日、ずっと口の中に存在し、溶け出て影響を及ぼし続けているのです。あなたが健康のことを考えるのでしたら、一番最初にするべきなのは、口腔内の毒性歯科材料を取り去ることです。

金属アレルギーの出やすい金属

金属アレルギーは花粉アレルギーのように原因となる物質に接触して短期間に症状が出るタイプとは異なり、遅延型のアレルギーと呼ばれ金属に接触してからすぐに症状がでるタイプではありませんので、原因が金属と思わず悩む方も多いようです。歯科用金属の金属アレルギーの場合には慢性的な症状が続いたり、明確な症状が出ないために金属の体内蓄積が進んで状態が悪化する危険性があります。義歯、詰め物などの治療物に使われるアマルガム(水銀)や保険の銀歯(ニッケル、コバルト、パラジウム)、またはいろいろな種類の金属が混ざっている場合などは、アレルギーをおこしやすいといわれています。金属アレルギーの割合は、水銀23%、ニッケル13.5%,コバルト13.5%スズ12.8%,パラジウム11.3%,クロム9.5%,銅7.3%,白金3.6%,亜鉛1.8%,金1.8%,カドミウム1.5%,アンチモン0.4%との報告があります。

金属アレルギーの出る金属の割合反対に、貴金属である金やプラチナは、アレルギーになりにくい金属ですが、中にはアレルギー反応を示す方もいます。

また、インプラント(人工歯根)の材料に用いられるチタンも、アレルギーを引き起こしにくい、極めて耐食性の高い金属で、生体への親和性の高さから、バイオメタルとも呼ばれています。

Cendres&Metaux社

当院で使用している金・プラチナはCendres&Metaux社のものを使用しています。

Cendres&Metaux社は、1885年にスイス・ビールビエンにおいて設立され、貴金属を材料とした製品メーカーとして著名で、世界中に製品を提供しています。時計工業として有名なスイスは、精密加工製品に関して長い歴史があります。Cendres&Metaux社は時計パーツ・医療機器・ジュエリーに用いられる貴金属製品を製造しており、長年に渡って積み上げられた経験と貴金属冶金学をもとに製品開発を行っております。

歯科分野における金属は生体内で用いられるため、生体適合性の高い材料でなければなりません。Cendres&Metaux社では多岐にわたる分野の研究と厳密な品質管理によって歯科用金属を製造しており、「Medical Devices 93/42/EEC」の必須項目を満たすことによりCEマークを獲得しております。

このような厳しい条件のもとで製造された歯科用金属は、患者さまにとっても安心してご使用していただけるものと確信しています。

ノンメタル(メタルフリー)治療

身体に優しく、見た目にも自然な歯科治療として、ノンメタル治療があります。口腔内にある歯科金属を除去して、セラミック(ポーセレン)、レジン(歯科用プラスチック樹脂)、ハイブリッドセラミック(セラミック92%、樹脂8%)、グラスファイバー、ジルコニアなどの金属を使わない歯科材料に置き換えていく治療です。

セラミックスは生体親和性が高く、審美的にも優れているというメリットがあります。適合が強度面に関してはまだ金属のほうが信頼性があります。削所量も金属のほうが少なくて済みます。実際オールセラミックスの市場はアメリカで約22%、ヨーロッパで16%、日本で2〜3%といったところです。欧米の10分の1以下しか占めていません。

金属の詰め物をセラミックの詰め物に代替

ノンメタル治療の中でもセラミックスによる治療はジルコニアが許可された事により、用途が広がり最近注目されています。ジルコニアはそんなセラミックスの中でも群を抜いて頑丈(強度が高い)です。ジルコニアは、お口の中の様々な状況に耐えることができます。

ジルコニアジルコニアは、人工関節としても20年近く使われている臨床実績があるほど人間の体に優しい材料です。ジルコニアは金属イオンの溶出がほとんどないため、生体親和性に優れ、金属アレルギーの方にも安心してご使用いただくことができます。長い間つけておくものですから自然に近い、安心出来る素材をおすすめします。

大阪府 歯科 辻野歯科医院トップへ ページのトップへ